一般社団法人

諏訪市医師会

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12番5号
TEL:0266-52-0632 FAX:0266-52-0646

ホーム_諏訪市医師会について
諏訪市医師会について
一般社団法人 諏訪市医師会のご案内
住所 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12-5  map
電話 0266-52-0632
FAX 0266-52-0646

諏訪市医師会長
宮坂圭一
支えあう医療と福祉を求めて

 超高齢者社会、少子化時代の波は、諏訪地域にも、押し寄せています。医療と福祉など、我々が、積極的に参加しなければ、地域の命と暮らしを守る事ができなくなると思っています。
 私たちは、諏訪地域で「支えあう医療と福祉」を求め、医師会活動を展開していきたいと思っています。
 さて、諏訪市医師会は、地域医療と福祉について、諏訪市については、諏訪市とさまざまの協議をしています。また、諏訪圏内で協力が必要な場合は、3郡市医師会と協議し、6市町村の合意を得て決めています。
 現在、諏訪市医師会は、36箇所の診療所と3箇所の私的病院で構成され、地域支援病院の諏訪赤十字病院と密接な病診連携をとりながら、諏訪地域の皆様の健康を守っています。
 私たちは、日常、患者さんの外来診療を行っています。ただ、それだけでなく、地域の皆様の健康と生活を守るために、さまざまな活動を行っています。

1. 新型コロナウイルス感染対策活動
新型コロナウイルス、感染に対して、3郡市医師会、諏訪赤十字病院と共同し、諏訪医療圏地域外来・検査センター運営委員会を設置し、諏訪保健所及び諏訪医療圏6市町村の連携のもと、検体採取業務を行っています。
また、新型コロナウイルスワクチンの集団接種・個別接種・施設接種など諏訪市、諏訪赤十字病院の協力で、実施しています。

2. 検診活動,健康管理
具体的な活動としては、妊婦の健診、乳幼児健診に始まり、園医や学校医として、園児・児童・生徒の健康診断、予防接種、そして産業医(会社で働く人達の健康管理)などに関わっています。

3. 諏訪市在宅当番医・小児夜間急病センター
休日、祝日に、具合が悪くなった患者さんのために、当番医を各医療機関の輪番制で行なっています。また、小児のために、夜間急病センターに、3郡市医師会、各病院で診療にあたっています。

4. 看護職の養成
諏訪市医師会附属准看護学院を開設してから、大勢の准看護師さんを地域で育ててきました。これからの医療機関のためだけでなく、介護施設にも必要な人材です。多くの皆様が、 看護職を目指して下さる事を願っております。

5. 諏訪地域 災害時医療の対策
災害時に、災害の現場での救護活動、被災地の皆様の診療にあたるようマニュアルを作っています。

 このような活動は、午後の昼休みの時間に、そして、診療の終了後に行なわれていることを、是非、知っていただきたいと思います。
また、日頃より気安く相談できる「かかりつけ医」を、市民の皆様がもっていただきたいと思います。諏訪市民を対象とした、「かかりつけ医についての講演会」の開催や、「諏訪市医療機関ガイドマップ」・「諏訪市地域医療要覧」の配布も行っています。


 さて、諏訪市医師会に、新しい活動の場が、平成29年より始まりました。「ライフドアすわ」です。諏訪市、諏訪市医師会、諏訪赤十字病院、諏訪市社会福祉協議会が協力して「諏訪市地域医療・介護連携推進センター ライフドアすわ」が、諏訪市医師会に設置され、代表として、諏訪市医師会が受託しています。
「誰もが、いつでも困った時に、その扉を叩いていただけるように、そして、その扉を開ければ、自分の生命をつないでいくことができるように」、これからも活動していきたいと思っています。
 事業の内容は、「在宅医療・介護連携推進事業」、「生活支援体制整備事業」、「認知症総合支援事業」、「地域ケア会議推進事業」の四事業です。諏訪市地域包括センターと協働しながら、諏訪地域の、医療と介護の連携や、多職種の連携を実現し、お互いのレベルアップにより、切れ目のない在宅医療と在宅介護、福祉施設の提供体制を構築したいと活動しています。詳細は「ライフドアすわ」のホームページを参照してください。

 諏訪市医師会が、日常の診療から救急医療や在宅医療、災害、そして、地域包括ケアまで、幅広く、また、昼夜を問わず、活動していることを知っていただければ、幸いです。
市民の皆様の、ご理解を得られるよう、「支え合う医療と福祉を求めて」活動してまいりますので、ご支援・ご協力を、お願い致します。



  • 諏訪市医師会について
  • 医師会の歴史
  • 医師会の活動・行事の紹介
  • 役員名簿【PDF】
  • 所属医療機関
  • 諏訪市医師会について
  • 准看護学院
  • 癒報告書・意見書のダウンロード
一般社団法人諏訪市医師会

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12番5号
TEL:0266-52-0632 FAX:0266-52-0646

Copyright
SUWASHI-ISHIKAI
All Rights Reserved.

一般社団法人

諏訪市医師会

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12番5号
TEL:0266-52-0632 FAX:0266-52-0646

ホーム_諏訪市医師会について
諏訪市医師会について
一般社団法人 諏訪市医師会のご案内
住所 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12-5  map
電話 0266-52-0632
FAX 0266-52-0646

諏訪市医師会長
宮坂圭一
支えあう医療と福祉を求めて

 超高齢者社会、少子化時代の波は、諏訪地域にも、押し寄せています。医療と福祉など、我々が、積極的に参加しなければ、地域の命と暮らしを守る事ができなくなると思っています。
 私たちは、諏訪地域で「支えあう医療と福祉」を求め、医師会活動を展開していきたいと思っています。
 さて、諏訪市医師会は、地域医療と福祉について、諏訪市については、諏訪市とさまざまの協議をしています。また、諏訪圏内で協力が必要な場合は、3郡市医師会と協議し、6市町村の合意を得て決めています。
 現在、諏訪市医師会は、36箇所の診療所と3箇所の私的病院で構成され、地域支援病院の諏訪赤十字病院と密接な病診連携をとりながら、諏訪地域の皆様の健康を守っています。
 私たちは、日常、患者さんの外来診療を行っています。ただ、それだけでなく、地域の皆様の健康と生活を守るために、さまざまな活動を行っています。

1. 新型コロナウイルス感染対策活動
新型コロナウイルス、感染に対して、3郡市医師会、諏訪赤十字病院と共同し、諏訪医療圏地域外来・検査センター運営委員会を設置し、諏訪保健所及び諏訪医療圏6市町村の連携のもと、検体採取業務を行っています。
また、新型コロナウイルスワクチンの集団接種・個別接種・施設接種など諏訪市、諏訪赤十字病院の協力で、実施しています。

2. 検診活動,健康管理
具体的な活動としては、妊婦の健診、乳幼児健診に始まり、園医や学校医として、園児・児童・生徒の健康診断、予防接種、そして産業医(会社で働く人達の健康管理)などに関わっています。

3. 諏訪市在宅当番医・小児夜間急病センター
休日、祝日に、具合が悪くなった患者さんのために、当番医を各医療機関の輪番制で行なっています。また、小児のために、夜間急病センターに、3郡市医師会、各病院で診療にあたっています。

4. 看護職の養成
諏訪市医師会附属准看護学院を開設してから、大勢の准看護師さんを地域で育ててきました。これからの医療機関のためだけでなく、介護施設にも必要な人材です。多くの皆様が、 看護職を目指して下さる事を願っております。

5. 諏訪地域 災害時医療の対策
災害時に、災害の現場での救護活動、被災地の皆様の診療にあたるようマニュアルを作っています。

 このような活動は、午後の昼休みの時間に、そして、診療の終了後に行なわれていることを、是非、知っていただきたいと思います。
また、日頃より気安く相談できる「かかりつけ医」を、市民の皆様がもっていただきたいと思います。諏訪市民を対象とした、「かかりつけ医についての講演会」の開催や、「諏訪市医療機関ガイドマップ」・「諏訪市地域医療要覧」の配布も行っています。


 さて、諏訪市医師会に、新しい活動の場が、平成29年より始まりました。「ライフドアすわ」です。諏訪市、諏訪市医師会、諏訪赤十字病院、諏訪市社会福祉協議会が協力して「諏訪市地域医療・介護連携推進センター ライフドアすわ」が、諏訪市医師会に設置され、代表として、諏訪市医師会が受託しています。
「誰もが、いつでも困った時に、その扉を叩いていただけるように、そして、その扉を開ければ、自分の生命をつないでいくことができるように」、これからも活動していきたいと思っています。
 事業の内容は、「在宅医療・介護連携推進事業」、「生活支援体制整備事業」、「認知症総合支援事業」、「地域ケア会議推進事業」の四事業です。諏訪市地域包括センターと協働しながら、諏訪地域の、医療と介護の連携や、多職種の連携を実現し、お互いのレベルアップにより、切れ目のない在宅医療と在宅介護、福祉施設の提供体制を構築したいと活動しています。詳細は「ライフドアすわ」のホームページを参照してください。

 諏訪市医師会が、日常の診療から救急医療や在宅医療、災害、そして、地域包括ケアまで、幅広く、また、昼夜を問わず、活動していることを知っていただければ、幸いです。
市民の皆様の、ご理解を得られるよう、「支え合う医療と福祉を求めて」活動してまいりますので、ご支援・ご協力を、お願い致します。



  • 諏訪市医師会について
  • 医師会の歴史
  • 医師会の活動・行事の紹介
  • 役員名簿【PDF】
  • 所属医療機関
  • 諏訪市医師会について
  • 准看護学院
  • 癒報告書・意見書のダウンロード
一般社団法人諏訪市医師会

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12番5号
TEL:0266-52-0632 FAX:0266-52-0646

Copyright
SUWASHI-ISHIKAI
All Rights Reserved.

一般社団法人

諏訪市医師会

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12番5号
TEL:0266-52-0632 FAX:0266-52-0646

諏訪市医師会について
一般社団法人 諏訪市医師会のご案内
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12-5
TEL:0266-52-0632 FAX:0266-52-0646
map

諏訪市医師会長
宮坂圭一
支えあう医療と福祉を求めて

 超高齢者社会、少子化時代の波は、諏訪地域にも、押し寄せています。医療と福祉など、我々が、積極的に参加しなければ、地域の命と暮らしを守る事ができなくなると思っています。
 私たちは、諏訪地域で「支えあう医療と福祉」を求め、医師会活動を展開していきたいと思っています。
 さて、諏訪市医師会は、地域医療と福祉について、諏訪市については、諏訪市とさまざまの協議をしています。また、諏訪圏内で協力が必要な場合は、3郡市医師会と協議し、6市町村の合意を得て決めています。
 現在、諏訪市医師会は、36箇所の診療所と3箇所の私的病院で構成され、地域支援病院の諏訪赤十字病院と密接な病診連携をとりながら、諏訪地域の皆様の健康を守っています。
 私たちは、日常、患者さんの外来診療を行っています。ただ、それだけでなく、地域の皆様の健康と生活を守るために、さまざまな活動を行っています。

1. 新型コロナウイルス感染対策活動
新型コロナウイルス、感染に対して、3郡市医師会、諏訪赤十字病院と共同し、諏訪医療圏地域外来・検査センター運営委員会を設置し、諏訪保健所及び諏訪医療圏6市町村の連携のもと、検体採取業務を行っています。
また、新型コロナウイルスワクチンの集団接種・個別接種・施設接種など諏訪市、諏訪赤十字病院の協力で、実施しています。

2. 検診活動,健康管理
具体的な活動としては、妊婦の健診、乳幼児健診に始まり、園医や学校医として、園児・児童・生徒の健康診断、予防接種、そして産業医(会社で働く人達の健康管理)などに関わっています。

3. 諏訪市在宅当番医・小児夜間急病センター
休日、祝日に、具合が悪くなった患者さんのために、当番医を各医療機関の輪番制で行なっています。また、小児のために、夜間急病センターに、3郡市医師会、各病院で診療にあたっています。

4. 看護職の養成
諏訪市医師会附属准看護学院を開設してから、大勢の准看護師さんを地域で育ててきました。これからの医療機関のためだけでなく、介護施設にも必要な人材です。多くの皆様が、 看護職を目指して下さる事を願っております。

5. 諏訪地域 災害時医療の対策
災害時に、災害の現場での救護活動、被災地の皆様の診療にあたるようマニュアルを作っています。

 このような活動は、午後の昼休みの時間に、そして、診療の終了後に行なわれていることを、是非、知っていただきたいと思います。
また、日頃より気安く相談できる「かかりつけ医」を、市民の皆様がもっていただきたいと思います。諏訪市民を対象とした、「かかりつけ医についての講演会」の開催や、「諏訪市医療機関ガイドマップ」・「諏訪市地域医療要覧」の配布も行っています。


 さて、諏訪市医師会に、新しい活動の場が、平成29年より始まりました。「ライフドアすわ」です。諏訪市、諏訪市医師会、諏訪赤十字病院、諏訪市社会福祉協議会が協力して「諏訪市地域医療・介護連携推進センター ライフドアすわ」が、諏訪市医師会に設置され、代表として、諏訪市医師会が受託しています。
「誰もが、いつでも困った時に、その扉を叩いていただけるように、そして、その扉を開ければ、自分の生命をつないでいくことができるように」、これからも活動していきたいと思っています。
 事業の内容は、「在宅医療・介護連携推進事業」、「生活支援体制整備事業」、「認知症総合支援事業」、「地域ケア会議推進事業」の四事業です。諏訪市地域包括センターと協働しながら、諏訪地域の、医療と介護の連携や、多職種の連携を実現し、お互いのレベルアップにより、切れ目のない在宅医療と在宅介護、福祉施設の提供体制を構築したいと活動しています。詳細は「ライフドアすわ」のホームページを参照してください。

 諏訪市医師会が、日常の診療から救急医療や在宅医療、災害、そして、地域包括ケアまで、幅広く、また、昼夜を問わず、活動していることを知っていただければ、幸いです。
市民の皆様の、ご理解を得られるよう、「支え合う医療と福祉を求めて」活動してまいりますので、ご支援・ご協力を、お願い致します。



  • 諏訪市医師会について
  • 医師会の歴史
  • 医師会の活動・行事の紹介
  • 役員名簿【PDF】
  • 所属医療機関
  • 諏訪市医師会について
  • 准看護学院
  • 癒報告書・意見書のダウンロード
一般社団法人諏訪市医師会

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12番5号
TEL:0266-52-0632 FAX:0266-52-0646

Copyright SUWASHI-ISHIKAI All Rights Reserved.

一般社団法人

諏訪市医師会

諏訪市医師会について

一般社団法人 諏訪市医師会のご案内
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目12-5
TEL:0266-52-0632 FAX:0266-52-0646
map
会長ご挨拶

諏訪市医師会長 宮坂圭一
支えあう医療と福祉を求めて

 超高齢者社会、少子化時代の波は、諏訪地域にも、押し寄せています。医療と福祉など、我々が、積極的に参加しなければ、地域の命と暮らしを守る事ができなくなると思っています。
 私たちは、諏訪地域で「支えあう医療と福祉」を求め、医師会活動を展開していきたいと思っています。
 さて、諏訪市医師会は、地域医療と福祉について、諏訪市については、諏訪市とさまざまの協議をしています。また、諏訪圏内で協力が必要な場合は、3郡市医師会と協議し、6市町村の合意を得て決めています。
 現在、諏訪市医師会は、36箇所の診療所と3箇所の私的病院で構成され、地域支援病院の諏訪赤十字病院と密接な病診連携をとりながら、諏訪地域の皆様の健康を守っています。
 私たちは、日常、患者さんの外来診療を行っています。ただ、それだけでなく、地域の皆様の健康と生活を守るために、さまざまな活動を行っています。

1. 新型コロナウイルス感染対策活動
新型コロナウイルス、感染に対して、3郡市医師会、諏訪赤十字病院と共同し、諏訪医療圏地域外来・検査センター運営委員会を設置し、諏訪保健所及び諏訪医療圏6市町村の連携のもと、検体採取業務を行っています。
また、新型コロナウイルスワクチンの集団接種・個別接種・施設接種など諏訪市、諏訪赤十字病院の協力で、実施しています。

2. 検診活動,健康管理
具体的な活動としては、妊婦の健診、乳幼児健診に始まり、園医や学校医として、園児・児童・生徒の健康診断、予防接種、そして産業医(会社で働く人達の健康管理)などに関わっています。

3. 諏訪市在宅当番医・小児夜間急病センター
休日、祝日に、具合が悪くなった患者さんのために、当番医を各医療機関の輪番制で行なっています。また、小児のために、夜間急病センターに、3郡市医師会、各病院で診療にあたっています。

4. 看護職の養成
諏訪市医師会附属准看護学院を開設してから、大勢の准看護師さんを地域で育ててきました。これからの医療機関のためだけでなく、介護施設にも必要な人材です。多くの皆様が、 看護職を目指して下さる事を願っております。

5. 諏訪地域 災害時医療の対策
災害時に、災害の現場での救護活動、被災地の皆様の診療にあたるようマニュアルを作っています。

 このような活動は、午後の昼休みの時間に、そして、診療の終了後に行なわれていることを、是非、知っていただきたいと思います。
また、日頃より気安く相談できる「かかりつけ医」を、市民の皆様がもっていただきたいと思います。諏訪市民を対象とした、「かかりつけ医についての講演会」の開催や、「諏訪市医療機関ガイドマップ」・「諏訪市地域医療要覧」の配布も行っています。


 さて、諏訪市医師会に、新しい活動の場が、平成29年より始まりました。「ライフドアすわ」です。諏訪市、諏訪市医師会、諏訪赤十字病院、諏訪市社会福祉協議会が協力して「諏訪市地域医療・介護連携推進センター ライフドアすわ」が、諏訪市医師会に設置され、代表として、諏訪市医師会が受託しています。
「誰もが、いつでも困った時に、その扉を叩いていただけるように、そして、その扉を開ければ、自分の生命をつないでいくことができるように」、これからも活動していきたいと思っています。
 事業の内容は、「在宅医療・介護連携推進事業」、「生活支援体制整備事業」、「認知症総合支援事業」、「地域ケア会議推進事業」の四事業です。諏訪市地域包括センターと協働しながら、諏訪地域の、医療と介護の連携や、多職種の連携を実現し、お互いのレベルアップにより、切れ目のない在宅医療と在宅介護、福祉施設の提供体制を構築したいと活動しています。詳細は「ライフドアすわ」のホームページを参照してください。

 諏訪市医師会が、日常の診療から救急医療や在宅医療、災害、そして、地域包括ケアまで、幅広く、また、昼夜を問わず、活動していることを知っていただければ、幸いです。
市民の皆様の、ご理解を得られるよう、「支え合う医療と福祉を求めて」活動してまいりますので、ご支援・ご協力を、お願い致します。